本文へスキップ

作曲家紹介

   

松島 彜(1890-1985)
Tsune MATSUSHIMA

日本の女性作曲家のパイオニア。教材用作品や校歌、管弦楽曲、チェロ、ヴァイオリン、ピアノ作品、声楽曲と幅広いジャンルに渡る作品を数多く遺す。東京音楽学校では外国人教師にピアノの指導を仰ぎ、研究科からチェロ教師ヴェルクマイスターの下で正式に作曲を学ぶ。研究科在学中に女子学習院の教官を拝命、更に文部省音楽教科書編修委員にも任命される。大正期には作品発表会を2度開催。学習院退官後は仏教音楽の研究に専念した。

   

金井喜久子(1906-1986)
Kikuko KANAI

沖縄県宮古島に生まれる。一貫して沖縄民謡の旋律と素材を基調に置いた作品を手掛け、最近の沖縄音楽のブームとともに注目を集めている作曲家。1944-47年にかけて「交響作品発表会」を開催し成功を収め、1950年には作曲グループ「白濤会」を組織する。また舞台音楽にも関心を示し、オペラ《沖縄物語》、歌舞伎劇《唐船物語》、沖縄を舞台としたアメリカ・MGM映画『八月十五夜の茶屋』(1956)の音楽を担当した。
 

 

吉田隆子(1910-1956)
Takako YOSHIDA

反戦と女性解放を生涯、主張し続けた作曲家。日本女子大学附属高等女学校卒業後、橋本國彦に作曲を師事、ピアノ曲《カノーネ》、歌曲《ポンチポンチの皿廻し》を発表し作曲家としてデビューを飾る。その後フランス音楽に傾倒し菅原明朗に師事するが、1932年プロレタリア音楽同盟(PM)に加盟、PM解散後は「楽団創生」を創立した。戦後、歌曲《君死にたもうことなかれ》(与謝野晶子 詩)を作曲、更にこの曲のオペラ化に着手したが、未完のまま46歳で病没する。
外山道子

外山道子(1913年生まれ)
Michiko TOYAMA

日本人として初の国際コンクール入賞者。また、A.コーエンの『国際女性作曲家事典』の中で日本人としては最もスペースを割いて紹介されている。大阪に生まれた外山は、1930年に単身フランスに渡る。1937年エコール・ノルマルに入学し、N.ブーランジェにソルフェージュを師事、J.イベールに推挙され、1937年第15回国際現代音楽協会主催の音楽祭に《やまとの声》を応募し入賞を果す。1954年パリ国立音楽院に入学、ミヨー、メシアンに師事し、作曲科の学位を取得した。
 

 

渡 鏡子(1916-1974)
Kyoko WATARI

チェコ音楽の研究家、また評論家・翻訳者としても著名。1936年東京音楽学校本科作曲部の第1期生として卒業した。在学中は、安藤幸にヴァイオリンを、信時潔とK.プリングスハイムに作曲を師事。1961年O.ショウレックの『ドヴォルジャーク』の訳書を出版、63年には日本人女性として初めて「プラハの春」音楽祭に招待され、翌年ドボルジャーク博物館館長より「ドボルジャーク協会会員証」が贈られる。

   

ジェルメーヌ・タイユフェール(1892-1983)
Germaine TAILLEFERRE

パリ音楽院で出会ったミヨー、オネゲル等とともに「フランス6人組」を結成。91年の生涯にオペラ、バレエ、映画音楽、吹奏楽を含む多彩な作品群を残した。古典的な枠組みの中に新鮮な響きと詩的な優雅さをたたえた作風が魅力的。このところ海外のCD録音と、国内でもコンサートにしばしば登場、回想録(『ちょっと辛口』)も出版されるなど、注目度が高まっている。