本文へスキップ

出演者紹介

   奈良ゆみ (ソプラノ)
Yumi NARA

相愛女子大学声楽科卒業。日仏音楽コンクールでプルミエ・グランプリを受賞し、パリ国立高等音楽院に入学。パリ・フランス歌曲国際コンクールで芸術・文学特別賞を受賞。以後、パリを拠点としてヨーロッパ各地で盛んな演奏活動を展開。色彩感に溢れた声はとりわけ現代歌曲の分野における創造的な表現力で注目を集め、多くの作曲家が彼女に作品を捧げている。松平頼則<<モノオペラ源氏物語>>の歌い手として、日本の音楽・文化が西洋の現代音楽と結びつく可能性を示した
    小林美恵(ヴァイオリン)
Mie KOBAYASHI

東京芸術大学音楽学部器楽科卒業、安宅賞受賞。1990年ロン=ティボー国際コンクール・ヴァイオリン部門で日本人として初めて優勝。その後、フランスを中心にイタリア、ドイツ、ポルトガルでリサイタル及びオーケストラと共演、国内でも主要オーケストラと共演するなど本格的な活動を開始。1995、1996、1997年と毎秋、パスカル・ロジェ、長谷川陽子とのピアノ・トリオの演奏会が好評を博し、99年全国ツアー、2001年スイスのディヴォンヌ音楽祭に出演し、トリオの録音を行なった。
   

花岡千春 (ピアノ)
Chiharu HANAOKA

東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。同大学院修了。パリ、エコール・ノルマルで研鑚を積み、同学院のアシスタントを務める。マリオ・ザンフィ・リスト国際ピアノコンクール、フィナレ・リグレ国際コンクールなどに入賞し、1982年パリでのコンサートを皮切りにイタリア、スイス、フランス各地で演奏。1920年代のパリの音楽シーンを彩る作品を集めた「花岡千春ピアノ演奏会」(1999)で芸術祭賞音楽部門大賞受賞。2002年タイユフェール作品のコンサートを企画・演奏し大好評を博す。